シムノテチョウシムズ3のアルバムと雑記とメモ。 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集)

--.--.-- | Comment (-) | HOME | PageTop |

141 続かなかった永遠

2013.04.08 (月)  ウェスリー家・2
時は冬の終わりです。

20130408a1.jpg
「ん~リリィはかわいいねー」
 
20130408a2.jpg
「あたしとリリィ、おそろいだねー♪」
エマの格好はしろくま風のつもりで作ったんですが、
こうして見ると、ちょっとリリィとも似てるかも。

---

20130408a3.jpg
「またうちおいでよ~」
この日は土曜だったので、またもやケルセイくんを呼び出しました。
プレイヤーの焦りが目に見えるようです。

すぐに我が家へ来てくれたケルセイくん。
20130408a4.jpg
「最近よく誘ってくれるね」
「えーだってぇ~」
だってーの次がなかなか言い出せない、ラブコメよろしくのプラトニック状態。
でも、こんな時期もまた楽しいんですよね~

20130408a5.jpg
と、仲良くいちゃついてる二人を眺めていたら、別室にいたはずのエディの姿が。

20130408a6.jpg
(てめーいい加減にしろ!)
あー・・また怒らせちゃった。

20130408a7.jpg
(エマ!お前もお前だーっ!!)
今日は二人の仲を進展させるべく、ケルセイくんを呼んだんですが
エディに見つかるタイミングが早過ぎました。
外でデートすればいい話なんですが、まだ家族引き篭もり期間中だったんですよね。

20130408a8.jpg
ケルセイくんだけじゃなく、エマに対しても不信感を募らせてます。

20130408a9.jpg
(もう知らねーよ!)
どうしようかなあと思いつつ見守っていたら、何やら不穏なメッセージが。

20130408a10.jpg
あっ・・・
エディが「永遠の親友」をやめてしまいました。
永遠の親友って絶対の縁ではないんですね。
信頼関係あってのものだし、当然かあ。

20130408a11.jpg
(ふん、勝手にしろ!)
怒って外の猫を探しに行っちゃったエディ。
中途半端な関係って当事者以外も傷つけちゃうものなんですね。

20130408a12.jpg
エディにとっては遅過ぎましたが、こちらの二人には話の切り出しに良い時かも。
ここらでケジメをつけてもらいましょう。

20130408a13.jpg
まずは恋愛関係の清算です。

20130408a14.jpg
「ケルセイくん、あたしとの事も真剣に考えてほしいの。だから・・・」
ラショウンちゃんには悪いけど、別れるように指示しました。

20130408a15.jpg
「ああ、エマちゃんの言う通りだね。彼女とは終わりにするよ!」
ケルセイくんったら爽やかな笑顔で関係を解消し、晴れてフリーに。
こちらから頼んだとはいえ、怖いほどの清々しさ。

20130408a16.jpg
実際、発言も他人事のようになかなかドライです。
ラショウンちゃんとの関係が最悪になっちゃいましたが、
さすがのケルセイくんも、女の争いには関わりたくないのかも。

20130408a17.jpg
これでやっと周りにも安心してもらえそうです。
ではもう一段階進展を・・・!と思ったところで、

20130408a18.jpg
「ケルセイくん!あの時のこと覚えてる?あたし今でも傷ついてるんだからね!」
「え?なんのこと??」
エマが突然、オタクコマンドを発動。
このタイミングでするか・・・

20130408a19.jpg
「急に彼女できたなんて言われてさ、あたしすごく悲しかったんだから!」
「ごめん・・・」
多分、この頃の話でしょう。

20130408a20.jpg
「そういうのがデリカシーないっていうか、女心が分からな過ぎなのよ」
「待って、違うよ!それは・・・!」
エマの勝手な言い分でとことん責められたケルセイくん。

20130408a21.jpg
「もういいよ帰る!」
怒ってデートを打ち切り、そのまま帰っちゃいました。
あーあ。

20130408a22.jpg
「ふんだ、いいもん」
よくないよ、なにも関係進んでないじゃないか!

"無知を叱る"は不意打ちに出てくるから困っちゃいますね。
せめて発動確率が低ければよかったんだけど。
ケルセイくんとの進展は持ち越しになりました。

そして関係の修復に努めないといけない、こちらの二人。
20130408a23.jpg
「お兄ちゃんさっきはごめん!そんなつもりじゃなかったの」
エマに謝らせました。
互いに親友を失っちゃうのは悲しいですからね。

20130408a24.jpg
「いいよ。別に気にしてないし」
「そうなの?あ~よかったぁ~」
何の気無いエディの言葉にほっと一安心のエマ。
また永遠の親友に戻れるといいね。

-その夜-

20130408a25.jpg
「うぅ・・ひっくひっく」

20130408a26.jpg
装飾品を前に、なにを思う。
エマの前では強がりつつも部屋でひとり涙を流す、繊細なエディでした。


>142へ
>ウェスリー家・2 目次へ
 

(記事編集)

2013.04.08 | Comment (0) | HOME | PageTop |
この次の記事 : 142 春の住民たち
この前の記事 : 140 遠のくエディの春

Comment

コメントを投稿する 記事: 141 続かなかった永遠


 
  管理人にのみ公開
 
この次の記事 : 142 春の住民たち
この前の記事 : 140 遠のくエディの春
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。